株で遊ぶ余裕も、パチンコに行く暇もないあなたに…。深くて楽しい競馬の世界を楽しんでみませんか?
純粋に競馬を愛するマッドウルフ先生が楽しく解説してくれます。但し予想は期待しないでね…明るい気持ちでレッツ Join Us!

Twitterもやってます→

こちらのブログで更新が無くても、私のもう1つのブログは更新している場合もございます。

その場合はTwitterにてお知らせさせていただいておりますので、
右にあるタイムラインのチェックも、何とぞよろしくお願い申し上げます。

2013年6月8日土曜日

マーメイドステークスはこの馬&騎手に注目!

皆様こんにちはこんばんはおはようございます。
マッドウルフくんこと、ブライアン裕です。

『初心者の方のための競馬解説』。
今回は6月9日(日曜日)に、阪神競馬場で行なわれるマーメイドステークスについて解説させていただきます。

このレースは牝馬限定戦(メス馬だけで行なわれるレース)で、牝馬にとっては長くて過酷な距離と言える2000mでのレースです。
牝馬限定戦で距離が2000m以上の重賞(大レース)は珍しく、この距離でこそ持ち味を活かせる馬にとっては数少ない重賞勝ちのチャンスと言えます。

わたくしの注目馬は…⑤ピュアブリーゼ号です。
2年前にオークスという2400mの大レースで2着に好走したものの、その後の約2年間は8回レースに出走してすべて6着以下と大スランプ。
しかし新たに古川吉洋騎手とコンビを結成して臨んだ今年4月の福島牝馬ステークスでは、3着と久々の好走を見せました。

前述のオークスでは2400mという長丁場で好走している事から、長い距離でのスタミナ勝負への対応力には期待してみても良さそう。
同馬の初の重賞勝ちに期待します。

今回も同馬とコンビを組む古川吉洋騎手は確かな腕を持ちながら乗り馬に恵まれず、デビューからの17年で重賞勝ちはわずか3回。
久々に重賞勝ちを狙える馬が回って来ただけに、好結果を期待したいです。





また同日に東京競馬場で行なわれる重賞・エプソムカップには、先週の記事でご紹介した戸崎圭太騎手が参戦。
中央競馬の重賞での連敗脱出を賭けて、⑨ファイナルフォーム号とのコンビで臨みます。



同馬とは戸崎騎手がまだ地方競馬に在籍していた昨年の夏に1度コンビを組み(地方所属の騎手でも、特定の条件を満たした日のみ、中央のレースに騎乗する事が出来る)、中央の重賞・ラジオNIKKEI賞を勝利した大変相性の良いコンビ。

連敗脱出にも十分期待が持てると思います。



尚、この「ジョイナス競馬研究会」は、主に騎手の個人情報を楽しむ趣味の会として、ゆる~く運営予定です。

皆様のコメントやSNSによる拡散をお待ちしております!!